豊胸の性質

胸の大きさにコンプレックスを感じる事は、ほとんどの女性があると思います。中でも、小さいという悩みは時に深刻だったりもします。そんな悩みを解消したいと思った時に「豊胸」という言葉が浮かびますね。とは言っても、豊胸にはどんなものがあるのか。どれくらいお金が掛かるのか。やってみたい豊胸がどんなもので、どれが自分に合っているのか。

まずはそれをはっきりさせる事が大事ではないでしょうか。まず「理想的なバスト」とはどんなものをいうのでしょうか。一般的な比率としては「ヒップよりやや小さめで、双方の乳首と鎖骨の中心線がほぼ三角形である胸」だそうです。身長とのバランスでは、身長に対し胸のサイズが約50から55%、ウエストは胸のサイズの約70%程度の体型が良いといわれているようです。そんな理想に近づく方法の一つに、豊胸手術があるのです。では、豊胸手術の種類はどんなものがあるのでしょうか。

まずは、バック挿入法という、胸にシリコンやインプラントなどの人工物を挿入するものがあり、最も一般的な豊胸手術といえます。次に、脂肪注入法。これは文字通り自分の余分な脂肪を胸に移動させる(注入する)方法。気になる部分の痩身と併せて効果が期待できます。豊胸の利用価値をご存知ですか。プチ豊胸手術として有名なのは、ヒアルロン酸注入による方法です。効果の持続性は低いのですが、安全性が高いこと、メスを使う事がなく失敗もないようです。また、費用も安価で行えるため、比較的人気の高い豊胸手術です。もう一つメスを使わないものに、光豊胸手術があります。

これは、バストに光を当てて脂肪細胞を大きくするという手術です。これは最新の豊胸手術です。費用は手術を行う機関にもよりますが、価格の低い手術は30万から始まり、高いものでは100万円の間であると考えておくと良いでしょう。また、人気が高く信頼性のある施設をじっくりと選ぶことも大事ですので、値段だけで判断して失敗してしまわないように、ネットや口コミでしっかり下調べをしましょう。正しく選んで、自分にあった豊胸をしましょう。